Fracture Ray

来自Arcaea中文维基
跳转至: 导航搜索
注·意
本页面内容已经过时或未完整,需要更新

目前Arcaea中双魔王曲之一

你真以为Arcaea是拇指游戏吗 ←理论上还是,已经有人在分屏下强行拇指搓四押长条,证实了其理论可行性证据

※解歌方法还在验证阶段,详细解禁方法见下文解禁方法

Fracture Ray

Songs fracture ray.jpg Fracture Ray
编曲 Sakuzyo
收录曲包 Luminous Sky
难度 [Past] [Present] [Future]
等级 6 9 10
note数量 983 1343 1279
note编写 Volatile Paradox Absolute Paradox Paradox Zero
时长 2:34
BPM 200
更新时间 v1.7.0

(2018/07/16)

解禁方法(待完善)

先决条件

  • 需要通过游玩 Ether Strike来解锁Fracture Ray。
  • 在游玩时需使用光(Zero)为搭档,其技能需要在封印(Sealed)状态。

注意事项

  • 当满足触发高潮段特殊演出的条件时,回忆率槽立刻转为红色HARD模式(并不),起始量为进入本段的回忆率数值,每个Lost掉血量由Zero光的等级决定,每过一定时间还会自动掉一定量的HP,且暂停按钮将会变暗无法点击,同时包括血槽及分数板等大部分UI界面会缓慢泛白,仿佛起雾一般。
    • 期间持续击中note仍能够回复血量以减缓掉血速度;
      • 然而实际上,就算HP已经归零了,只要lost数小于光(Zero)当前等级就不会Track Lost。
    • 特殊演出完成,到达Ether Strike原本结束的位置时,将会播放追加音频,同时雾化状态逐渐消失,回忆率槽以10HP为单位自动快速上涨奶光
      • 此时出现的长条在分数达到10000000后一个note只会加1分。(v1.7.0甚至不会加分)
  • 进入Fracture Ray后,游戏将自动进入HARD模式。回忆率槽会转为一个拥有 100HP 的血槽,Lost减少量为正常Hard模式规则,这次不会随着时间掉血了,当HP为0后,自动 Track Lost。

Past谱面

解锁

在符合以上先决条件时,游玩Ether Strike的PST难度时达到下列条件后,游戏在结算成绩前会被强制转入Fracture Ray(PST)。

  • 在进入高潮段(大约在第x个note处)之前回忆率达到一定数值以上且lost数小于一定值。
    • 具体数值有待进一步调查
  • 雾化状态下出现的lost数小于光(Zero)的当前等级数
游玩
  • 一旦Track Clear,即可解锁PST难度的Fracture Ray。
  • 若中途 Track Lost,则会根据游玩进度/水平获得10~35%不等的解锁进度。解锁进度达到 100% 后即可解锁 PST 难度的Fracture Ray。

Present谱面

解锁

在符合以上先决条件时,游玩Ether Strike的PRS难度时达到下列条件后,游戏在结算成绩前会被强制转入Fracture Ray(PRS)。

  • 在进入高潮段(大约在第502个note处)之前回忆率达到一定数值以上且lost数小于一定值。
    • 具体数值有待进一步调查
  • 雾化状态下出现的lost数小于光(Zero)的当前等级数
游玩
  • 一旦Track Clear,即可解锁PRS难度的Fracture Ray。
  • 若中途 Track Lost,则会根据游玩进度/水平获得7~23%不等的解锁进度。解锁进度达到 100% 后即可解锁 PRS 难度的Fracture Ray。

Future谱面

解锁

在符合以上先决条件时,游玩Ether Strike的FTR难度时达到下列条件后,游戏在结算成绩前会被强制转入Fracture Ray(FTR)。

  • 在高潮段(游玩至1:26,大约在第x个note处)之前,回忆率需要达到下表所示的数值(仍需验证)。
光(Zero)等级 出现 未出现 验证报告
4 100%

(全Pure判定)

5 98% 97%
6 90-95% 89%
7 90% 89%
10 72% 65%
11
12 65-70% 66%(?)
13
14
15
16
17
18
19
20
游玩
  • 一旦Track Clear,即可直接解锁FTR难度的Fracture Ray。
  • 若中途 Track Lost,则会根据游玩进度/水平获得5~15%不等的解锁进度。解锁进度达到 100% 后即可解锁 FTR 难度的Fracture Ray。

游戏相关

  • 本曲节奏相当难抓,5分、6分、7分、8分、10分、12分、14分、16分、24分、32分“齐聚一堂”(还有未计入采音的20分、28分),一不小心就要爆Far,倒也很符合削除作曲特点之一
  • 本曲的PRS难度是一个很不错的9级曲
  • 本曲还没人杀掉,我预测2018.9之前这歌收不掉

故事

英文原文

• Past

The girl is on her knees, her chin brought up, and it is soon that her jagged and pervasive creation will consume her in its light coaxing oblivion. Above her it pulses and glows, gentle but insufferable. She lets it nearly take her, thoughtless.

And from that vast nothingness, something catches her eye.

Distinction alone breaks her from the lull of uniformity, and her gaze swings to it: a single, special piece of glass, just a bit red, and absolutely noticeable. Perhaps in reality or through a trick of her mind, the rest of the sky that it begins emerging from dulls in its intensity. She thinks, it’s becoming easier to see. She thinks, and realizes she hasn’t thought at all in ages.

The heavens wobble and distort, and a crack seems to run through them, the whole thing twisting around the creation of a new memory: a shard of memory that should not exist. It breaks from the whole, and breaks the sky. Both violently and calmly the roof of her making falls down, choking the air in scattering light. The spectacle would be magnificent to her, but she remains stuck on the newest piece, which floats toward her amidst the frightening chaos of joyous memories.

It, too, is a memory of joy: that of herself that she has forgotten.

“When was— Did I—?”

She speaks in a fractured voice, her vocal chords having been long neglected of use.

Now in her hands, the odd shard that came from zero revolves, and in it she sees the time when she awoke, dancing alongside glass, traveling the mirror world, and happy. Tears fall from her eyes, and she remembers that happiness left her long ago.


• Present

Twinkling glass pieces fall in an unevenly timed rain while reflecting dead worlds as they always do. The girl at the center of it all focuses on a piece reflecting something new, however, and of this world still existing.

Tears fall from her eyes, but the reason is yet grasped by her. Her mind still recovering, she agonizes over the loss of everything she had before, falling all around her. But, also, she agonizes over the loss of her zeal. The memory reflected shows a better and ignorant time, as she walked into a trap she’d created for herself. Even if she knew where it would lead — these shiftless travels inviting senselessness — would she have done it all again, just to be happy?

The red in the glass is that of the red in her clothes, and she grasps the shard tightly to add the red of her hand to it, blurring past and present, running warm over the shimmering surface. She feels, again, but she feels so much more than before. She feels, overwhelmingly, regret. These were times that, almost with pride, she had moved meaninglessly. She had gathered the Arcaea to enjoy them, and not thought even a bit as to why. She had brought on herself a torturous and tedious hedonistic existence, a manufactured and blinding prison. She had done it all for nothing, and nearly lost herself.

And to a question of “Why?” there was never an answer. Just to be happy? That hadn’t been it either. Collapsed on her knees, choking through cries with the memory over her breast, she knows the weight of her errors. She had surrounded herself in love and life so much that it came to disgust her, and that truth grieves her.

In grief the girl cries, thinking as much as she can, about everything that has happened, and what anything meant.


• Future

Silence.

A few small pieces of old times falling down intermittently break this, but the girl’s anguish has settled. She no longer openly weeps, sitting among shimmering glass with dried tears on her cheeks and dried blood in her hands. Fear, worry, and regret have ended, so she now has to look out ahead.

What she had done was misguided. It was, in fact, not guided at all. With the idea of “more happy scenes would only be better”, she had filled the sky with good memories, not wondering if there might be any danger in bringing so many of the mysterious shards together in one place. She realizes now that they had threatened to swallow her.

If she wants to press on, she must have a reason. She needs to answer those old questions that she had forgotten. What does this world mean, and why is she in it? Why are gentle memories attracted to her, although she sometimes saw flashes of hardship in pieces that refused her? Who was she?

Light comes back to her eyes and she stands on shaking legs. As she does so, the Arcaea surrounding her shift. She looks on at them curiously, and lifts her hand. They lift too, and she ponders. She realizes this is different, but that there’s also something different within herself.

The Arcaea will not come to her unbidden again, and she will not allow herself to be caged. She wipes away her tears with the back of her bloodied hand, and lets the shard that has turned her onto this new path go to follow behind her. She will let that be a memory, and face this strange world anew, and she will find all that it is for, be it good or bad.

This she swears, and she is certain.


日文原文

• Past

少女は膝からくずおれ、中空を見上げていた。視界の限りを埋め尽くして鋭く輝く創造物は、 まもなくその光満ちる忘却の中へと自らの造物主を呑み込むだろう。天蓋は頭上にて優しくも耐えがたい光量をもって 輝き、明滅している。自らの意思も手放して、もはや彼女は受け入れてさえいるようだ。

そしてその大いなる虚無の中、なにかが彼女の瞳を捉えた。

ただそれそのものの異質さが、沈黙し、停滞するままの彼女を動かした。視線は自然と吸い付くようだった。 それは小さく異質な一つの硝子の欠片。微かに、だがたしかに赤い。 おそらくは現実、もしくは彼女の心の悪戯か。それは空を覆う天蓋を取り残して、周囲の暗さを一層深めていくようだった。 はっきり見えるようになってきた、と考えると同時に、自らが長い間、ずっと考えるということをしてこなかったと気付く。

楽園は波打ち、歪み、ひび割れて行くようで、その存在すべきでない新しくも小さい記憶の欠片が 生まれたことによって、全てがねじれていっているらしかった。全から壊れ落ちたそれが、空を壊していく。

静かながらに荒々しく、彼女の造った天蓋は落ちていく。拡散する光が空を埋め尽くす。その様は彼女にとっても 衝撃的であるはずだった。けれどその視線は、喜楽の記憶らの混沌とした惨状のなかを近づいて来る 新しい欠片に縫い付けられたまま。 それもまた、喜びの記憶だった、 彼女自身が忘れていた喜びの。 「いつからーー私はーー?」 しゃがれ声でつぶやいた、長く使われてこなかった声帯で。

そして彼女の手には、初めからあった奇妙な欠片があった。そこには、彼女が目覚めたころの記憶や、 硝子のそばを踊り、鏡の世界を旅していた頃の幸せな記憶が見えた。静かに涙を流しながら、そして彼女は 永く忘れていた幸せを思い出した。


• Present

死んだ世界を変わらず映しながら、キラキラと光る硝子片が不規則な雨のように落ちていく。その渦中にありながらも、 少女は真新しい何かを映し出す欠片と、そしていまだ営みを続けるこの世界に関心を向けていた。

目から涙が零れおちるけれど、理由はまだ自身にはわからぬまま。心が持ち直していない彼女は、 あたりに落ち行くかつて持っていたものへの喪失感に苦しんでいたが、同時に自身の熱意を失ったことにもまた、 苦しんでいた。\n自身で作り出した檻に踏み込むと、辺りの破片は無知ながらに喜びに満ちていた日々を映しだした。 もしこの愚行と怠惰な旅の果てにこの結果が待つと知っていても、彼女は幸せになるためだけに最初から もう一度同じことをしただろうか? 硝子の赤は彼女の服の赤、そして彼女はその手の赤も加えようと欠片を強く握った。 過去と現在の境界がぼやけ、光揺らめく表面に熱が灯る。

彼女は感じている、もう一度。 だが前よりももっと強く。 彼女は感じている、強く激しい後悔を。

これまでは、ほとんど意地のようなもので、考えもなく動いてきたようなものだった。アーケアを集めたのは楽しむためで、 なぜ集めるかなど微塵も考えることはなかった。彼女は彼女自身を、果てしなく飽き飽きするほどの快楽主義に 走らせてしまったし、それが目が潰れるように輝くあの監獄を作り出したのだ。 すべては無意味に行われ、そして自身をも彼女は失いかけたのだ。 「なぜ?」と問おうにも、答えなどなかった。幸せのためかといえばそれも違う。 膝をつき、頽れて、胸にある思い出にむせび泣きながら、彼女は自らの過ちの重さを知った。 自身を多くの愛と命で囲いながらも、嫌気を感じるようになっていったというその事実が、彼女を嘆かせていた。

少女は嘆きの中で、起きたこととその意味をひたすらに考え続けるのだった。


• Future

静寂。

古い時代の欠片がしばしば落ちては、その静寂が止む。けれど少女の苦悩は落ち着いていた。もう咽び泣くこともなく、 光をたたえる硝子の狭間で、乾いた涙を頬に、褪せた血をその手に残して、彼女はじっと座っていた。 恐れも憂いも、後悔ももう止んだ。だから彼女は前を向かねばならなかった。

今までしてきたことは誤った導きの先にあった。そもそも、導かれてすらいなかったのだ。「シアワセな光景だけがいい」 という考えだけで、彼女は空をよい記憶だけで満たした。その不可思議な欠片たちを一箇所に集めることが どのような危険につながるかを考えもせずに。 今はもう、自らを呑まれかけたことでその脅威に彼女は気がついている。

続けたいのなら、理由がなくてはならないのだ。 彼女は自身が忘れた古き疑問へと答えねばならない。 この世界にはどんな意味があって、なぜ彼女がここにいるのか?\nなぜ彼女には、彼女のことを拒絶する苦難の記憶の欠片もあるのに、優しい記憶たちが引き寄せられるのか? そもそも、彼女は何者なのか?

瞳に再び光が灯り、彼女は震える足で立ち上がる。すると、身の回りのアーケアも合わせて動く。興味深い 様子でそれを見つめると、その手をおもむろに持ち上げた。 アーケアたちもそれに合わせて浮き上がるのを見て、彼女はふと考えこんだ。 彼女は今までと違うことに気付いたが、彼女の内もまた違っていたのだ。

招かれることもなければ、アーケアたちはもう彼女のもとに来ることはなくなった。 そして彼女自身も自身が閉じ込められるつもりもなかった。 血に汚れた手の甲で涙を拭って、彼女を新しい道に導いた欠片を連れて歩き出した。 彼女は記憶を記憶のままに、改めてこの奇妙な世界に向き合う。それが良かろうと悪かろうと、 そうしてこの世界の意味を見つけるのだ。

これだけを確かに、彼女は誓った。

试听

游玩视频

(待补充)

参考资料

1、FANDOM wiki:Fracture Ray