Arcaea中文维基手元公募正在进行中,详情请见此处

用户:Light/Sandbox

来自Arcaea中文维基
Light讨论 | 贡献2019年12月13日 (五) 04:10的版本
(差异) ←上一版本 | 最后版本 (差异) | 下一版本→ (差异)
跳到导航 跳到搜索

解包了之后两张bg都找到了,还有剧情文本,不用手动打了。不过日文文本需要吗?(

中文剧情

Story side.png

恢复意识的她,发现自己苏醒于这个飞舞着玻璃蝴蝶的地方。
“多么令人愉快啊,”她想,“这些美妙的图案居然能在空中移动呢。牵引着它们的丝线在哪里?”

她蹲了下来,整了整裙子,环顾四周才发现这附近没有任何丝线。那些事物,也并不是蝴蝶——
玻璃碎片,不依靠任何外力便飞舞于空中。“太美妙了!”她自心底赞叹道。

这些玻璃反射出了另一个纯洁的世界。她从中看见海洋、城市、火焰、光芒;美好的景象目不暇接。
她抬起了自己的手,试图去抓住它们,开心地笑了出来。

她并不知道这些玻璃碎片有个名字:Arcaea。
实际上,名字对这些过于美好的事物来说并不重要。
她触碰、旋转、观察它们;她靠这样来娱乐自己。这已经足够了,难道不是吗?

现在留给她的,有六个问题:何人、何事、何处、何时、何故与何情。
在这些疑问的包围下,她没有问出任何一个,也不想得到任何答案。Arcaea的光芒已经使她心满意足。
这是她与这个新世界的邂逅。

日文剧情

Story side.png

初めて意識を持ったとき、彼女はガラスの蝶から成る雲の中にいた。

面白い、彼女は思った。どうやってこんなに動いているの?紐はあるのかしら。

彼女は膝をつき、ドレスを直した。
それからそこには紐などなく、飛んでいるものも蝶ではなかったことに気が付いた。
自由に飛び回る、ガラスの破片。「楽しい!」と彼女は思い、そう言った。

ガラスは、彼女を取り巻く白いものとは異なる世界を映した。
海、都市、火、光。彼女は手を挙げて、様々な世界を映すガラスを散らし、嬉しそうに笑った。

彼女はその時、そのガラスの破片に名前があったことを知らなかった。 アーケア。
正直なところ、名前なんてどうでもよかったのだ。
彼女は見て、触れて、渦を作って、その美しさを楽しんだ。それで十分だったのではないだろうか。

そこには6つの疑問があった。誰が、何を、何処で、何時、何故、どうやって。
これらの疑問に対し、彼女は何も聞かず、答えを求めなかった。
アーケアの光を浴びる代わりに。これが彼女の、新しい世界との出会いだった。

英文剧情

Story side.png

Without a clock, she has no sense for how many days or hours she has walked, but there is a new certainty
in her head...

There is beauty in a memory, that's what she finds herself believing. Thinking about it, a memory is never
certain, can change with the times, and yet is the nearest thing to a concrete piece of the past. It can be
bitter or sweet, and she thinks in either case they're quite enchanting.

For now she will see what memories she can, of these other places and people, and appreciate them for
their beauty. In the first place, these Arcaea flicker and glow splendidly in this strange and ruined world.
It's easy to fancy it all, and that they show memories makes it easier.

Humming, hands aloft, and stepping down broken paths, she brings what seems to be memories fit for an
entire world with her, following behind in a shining stream. Memories of an ugly, pretty world...

"How nice..." She sighs, she smiles, and serenity becomes her, it seems, too well.
But there’s nothing to worry about.
A pleasant, simple world like this need only be pleasant. Nothing more.